新製品

バースデイケーキ・ビスケット

¥1,260(+税)

 

 

 

 

 

マクロビアイシングビスケット季節のドライフルーツが香る愛犬用ご褒美トリーツ!

ノンシュガー&ノンケミカルで愛犬に優しいお菓子をボックス詰めてゴージャスなリボンで結びました

 

 

 

 

 


 

商品名】バースデイケーキ・ビスケット

バリエーション】ブルー/ ピンク

原材料アイシングビスケット: 全粒粉、無農薬玄米粉、アーモンドパウダー、水、豆乳、紅花油、グラハム粉、ココナッツオイル、スキムミルク、片栗粉、紅コウジ、スピルリナ ノンフライポップコーンとうもろこし(遺伝子組み換えでない) 季節のドライフルーツ(フリーズドライいちごect.)

サイズW7x D4xH15 cm

JANコードブルー4580467623241  ピンク4580467623258

 

保存方法直射日光、高温多湿をさけ冷暗所にて保存してください。賞味期限:製造日より6ヶ月。

アンチエイジング効果が高いとして今注目の食材アーモンドをキャロブビスケットともにたっぷりを練り込み香ばしく焼き上げました。
その他の栄養素カルシウムは丈夫な骨作りをお手伝いしてくれます。

●アーモンド:アンチエイジング効果が高いとして今話題の食材アーモンド。その他の栄養素カルシウムは丈夫な骨作 りをお手伝いしてくれます。

●チョコ:ワンちゃんも食べられるチョコ風味のキャロブで代用。JAS認定有機キャロブパウダーを使用したほろ苦い大 人の味です。キャロブとはイナゴ豆をパウダー状にしてつくられるカルシウムや鉄分、食物繊維等を豊富に含む健康食 品です。(キャロブで代用する理由:犬はカカオ豆に含まれるデオブロミンという成分によって貧血をまねく可能性が 高いため、チョコレートは避けるべき食材だからです。)

 

 


 

特別栽培玄米粉を主原料に使用

三重県は伊賀地方にあります石井農園さんで真心こめて育てられた無農薬玄米をそのまま粉に引いたものを使用しています。

三重県伊賀地方に4hrの土地で無農薬米を栽培し、3つのフィールドで1000羽の鷄を平飼いしています。農薬化学肥料は一切使用せず、鶏糞を堆肥化したものを肥料にします。お米は、3分の1が飼料米で自給飼料として鶏の餌となり、循環型農業を営んでいます。あと3分の1が酒米で無農薬のお酒の原料として使用されています。そして残り3分の1が主食米であり、当社の玄米粉と有機玄米ビスケットの原材料ともなっております。
健康な大地と自然豊かな石井農園から届いた美味しい贈り物をどうぞお楽しみください!

 

農園代表 石井康弘さんからのメッセージ

「私は三重県伊賀市にあります愛農高校の7期卒業生で、この学校で有機農業と出会いました。おかげさまで一度も農薬に頼ることなく現在に至っています。安心でおいしいお米のおやつがお客様のワンちゃんに届きますように。」

キャロブパウダーは国が定める基準をクリアしたオーガニック公的認証品(JAS)使用

「オーガニック=有機」とは?

オーガニック食品=有機食品とは、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず、自然界の力を最大限に引き出して生産された食品のことを言います。

 

 

JASとは?

jasmark.cutting1

 

国が制定した有機JAS法に従い、化学合成(農薬・肥料)を使用しない事を基本としています。多年生作物は過去3年間以上、米や野菜は過去2年間以上、種子や科学肥料を全く使用していない土壌での栽培が条件です。
種子について(遺伝子組み換えでない)有機栽培された種子を基本としています。
種子、栽培、収穫、加工、小分け、保管、輸送、出荷販売量、販売先に至るまで記録で管理し、全て有機JAS法 安全性基準をクリアーしなければ有機やオーガニックとしてみなされません。

 

なぜケティコキャンはオーガニック原料にこだわるの?

一般的な農法では、土に薬剤等を撒き、ただ作物を生産するという事を目的としています。そして土を育てるということを考えない為、何トンもの良質の土を失っています。 これに対して、オーガニック農家では良質の土がないと作物が育たない為、土を守る必要があります。このためオーガニック農法では土を育て、良い作物を育てています。 また一般農家が薬剤等を撒くことで水を汚染しているのに対し、オーガニック農家では、世界中の水を守ろうと働きかけています。
一般的な農家は大抵危険な化学薬品を使用することで、自分達もその薬品を浴びてしまっています。しかし、オーガニック農家では化学薬品の危害から自分達の体、そして消費者の体を守ろうと心がけています。 土や水、そして人々を守りながら作られるオーガニックの商品を購入し、消費することが食品業界で働く人々を助け、それが地球環境の負担を抑え、それは未来の私たちの子供達の生活環境へとつながるのです。